サーフィン初心者のNさんとご近所会を

生命科学「ライフサイエンス」は基礎的な面と応用的な面を
総合的に研究しようとする学問です。
遺伝子研究や医薬品、医学、心理学など幅広く学ぶことがあるため、
研究する人口も大きいと思います。
SNSの発達により、ライフサイエンスを学ぶ人たちのコミュニティが出来始めていますが、
その中で最近知り合ったサーフィン初心者のNさんは同じ出身校で
しかも近くに住んでいるらしいんです。
ご近所会を開催してみようと思っています。

火災保険を比較しながらニュースを読む。

保険の切り替えに備え、見積もりを取って火災保険の比較に。
まとめて一括見積もりしてくれるサイトもあるので、比較するのもだいぶ楽になりましたね。
そんな中にニュースが飛び込んできました。
「グーグルのライフサイエンス部門、新会社Verilyとして独立」
あのスマートコンタクトレンズや採血用のウェアラブルデバイスの部門が
独立することになったそうです。
ライフサイエンスは、ハイテク業界のなかでも最も注目されている分野、
グーグルから独立したVerily はますます注目されていくでしょう。

カラコン度ありで何を目指すのかがわかった

いとこが東京に遊びに来るので原宿を案内してほしいと連絡がありました。
いとこは大学生で冬休み中にイメチェンをしたいそうだ。
案内するのは構わないけど、原宿と聞いていやな予感がするんですが(笑)。
案の定、カラコンの度ありが買えるところを探しておいてほしいとな。
きっとイメチェンとはきゃりーぱみゅぱみゅのように変身することじゃなかろうな?
日本人であれが似合うのはそうそうないぞ。
いや浜田もやってたから否定できないな(笑)。

ペット保険の代理店を教えてもらって

実家で飼っていた犬が3年前に亡くなってから、
ペットロスがつらいからもう動物は飼いたくないと両親が言っていましたが、
私の知人の家に子犬が産まれたのもあり、飼っていた犬と同じ犬種なので、
「もう一度飼ってみない」とおすすめしてみました。
育てられるか不安とのことなので、1週間ほどお試しステイをお願いして
無事信頼関係を築けたようなのでそのまま実家の一員に。
そこでペット保険の代理店を知人に紹介してもらって加入をしてもらうことにしました。

中華街の個室で食べた、北京ダックやらなんやらが忘れられません。

椅子以外ならなんでも食べると言われるくらい、食材を上手く多彩に使う中華料理。
その味には世界も納得で、ニューヨーカーでも困ったら中華みたいな考えがあります。
私も中華街の個室で食べた、北京ダックやらなんやらが忘れられません。
さて、人間は何に対して美味しいと思うのかというと、エネルギー量の高さなんですね。
はるか昔の狩猟を人間が行っていた頃は、毎日食べ物が手に入る訳でもなかったので、
自然とエネルギーを蓄えるようになって、それらを美味しいと感じるようになったのです。
そう考えると、どうりで美味しいものは太りやすい訳です。
美味しいものを食べることが多い人は、毎日食べるなってことですかね?

家も倉庫の作業スペースように広ければ。

人にはパーソナルスペースという、仲の良さによって入っていい範囲の違うものがあります。
満員電車の中で、居心地が悪かったり、都会の人混みで嫌な感じになったりなど、
パーソナルスペースを侵される危険性は都心など人が多いところではよくあります。
家も倉庫の作業スペースように広ければいいですが、
狭く密集していて、自分の部屋にいても最悪居心地が悪いこともあるでしょう。
そもそも、敵との間合いを取るための原始システムだと思われますが、
狭すぎても問題でしょうが、広すぎると都会では生活するのがとても大変難儀でしょうね。

大学生の一団がダイビングの埼玉スクールにやってきました

少し前になりますが、某生命科学大学の学生さん達が、
ダイビングスクールでライセンス講習を受けていました。
生命科学大学では、大まかに言うと
人と動物を取り巻く問題を学んでいるということなのですが、
ダイビングとはつまり海の生物とコンタクトが取れる方法ですから、
生命科学を学ぶ学生さんには持ってこいのスクールなのかもしれませんね。
ダイビングを埼玉で習い始めてしばらく経ちますが、
色々な方と知り合いになれて楽しいです。

ティーカッププードルを見てたまげる。

人間の技術は、何か発明をするとその次は決まって小型化に進みます。
携帯電話しかり、パソコンしかりで。
しかし、昨今は機械だけでなく、生物や植物まで行っていることをご存知でしょうか。
ティーカッププードル、このプードルを見た時はたまげました。
片手で持てる犬って…。猫より小さいじゃん!って。
なんか、普通に暮らしてたら踏んでしまいそうな、不安に駆られます。
植物では、かぼちゃ。掌に乗るかぼちゃって。
いつも買ってる4分の1カットのかぼちゃじゃないですか!
しかも栄養素がギュッとなっているらしい。
4分の1より、優秀なのか…。
もうこうなってくると、スモールライトが開発されている可能性もありますね。

水道工事の手配が終わったら…

病は気からといいますが、腫瘍が消えたという話を聞くにつけ生命の神秘を感じずにはいられません。
しかしこれも学問として研究対象になるのではないかというのが世界の科学者たちの持論ではないでしょうか。
一生のうちにスプーン一杯分が分泌されるというホルモン、神経伝達物質、遺伝子も
徐々に解明されてきています。
このサイトでも少しずつ紐解いていきたいと思います。
今ちょうど水道工事の手配中ですので、落ち着いたら更新します。

上大岡へ賃貸を探したとき、横浜にも賃貸の足を伸ばして。

生命の不思議はその生物の見た目だけでも十二分にそれを理解することができます。
普段食卓に並ぶ魚と深海魚を比べるだけでも
生命の生きる為の力といったものを感じることができます。
生きる環境でこれだけ姿、形が変わっていくんだ。
長い年月をかけて生きるという適応を受け継ぎ進化してきた。と感心してしまいます。
人も国を出ると人種の違いを大きく感じることができますが、
もっと目と脳の解像度を上げてみると、日本にいても人種の違いを感じることができます。
上大岡へ賃貸を探したとき、横浜にも賃貸の足を伸ばしていたのですが、
大した距離でもないに住む人の人種の違いというものを感じました。
きっと生きる風土が僅かに違うのでしょうね。不思議です。

以前見た横浜の造園は、まるで生きているようだと。

ある種の芸術を評する言葉として「生きている」ということがあります。
以前見た横浜の造園は、まるで生きているようだと思いましたが、
なにを以って生きているかというと、それは「躍動」だと思います。
しかし動だからといって、激しく動いているのではなく、
静の中の動といった、生命を喚起させるもののことです。
またなにを以って生命かというと、それは成長だと思うのです。
これも激しい成長ではなく、人把握しづらい木々もそれにあたります。
日々何かかが変わっていく様を見て、生きていると感じ、
またそれを美しいと思うのだと思います。
要するに生命は美しい!