大学講義中にB型肝炎給付金の話題になり弁護士相談した方が良いって言っていた

B型肝炎ウイルス感染の問題については、裁判の結果、国の責任が確定しました。
そして、一般の裁判よりも簡単な続きで、和解をすることで、
国から給付金を受け取れるようになったのです。
ただ、B型肝炎給付金を受け取るためには、提出を求められる資料が数多く、
しかも、依頼者ごとに異なっています。
生命科学の発想をも勘案した手続きですが、
裁判手続きには専門的な知識が必要になってきます。
そういった意味でも、弁護士に相談するほうが確実です。
依頼者が出した資料をもとにして、専門の弁護士が詳細にわたって調査、検討を行います。
また、B型肝炎給付金を請求するための訴状についても弁護士が作成して、
裁判所へ提出いたします。
法律のエキスパートである弁護士に相談するのが最も安心です。

コメントを残す